マッキーの写真と言葉たち

<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

37歳こんにちは♪

a0115202_21393050.jpg



1/28

朝、ひらひらと雪が降っていました。
今日は、私の37歳の誕生日。

昨日、実家で1月生まれの甥っ子と私の合同誕生日会をしました。
甥っ子が無事に1歳を迎えられたことをとても嬉しく思います。

帰り際母に「37年前私を産んでくれてありがとう」と言ってから自宅へ帰りました。
両親の話によると、当時、母は体があまり強くなかったので、
母の命か子供の命かどちかしか助からないと言われたそうでした。
ですが、私は無事に生まれ、母も無事だったそうです。
今ここにいられること、無事37歳を迎えられたこと、本当に両親に感謝しています。

そして、私の周りにいてくれる人たちに感謝しています。
私が今ここで元気にいられるのは、みんなのお陰だし、
みんながいるからこそ、ゆっくりかもしれないけど、日々成長できているんだと思います。
本当にありがとうございます。

歳を一つ重ねるたびに大切なものが増えてゆきます。
宝物が増えてゆきます。
それは出会ってくれた全ての人たちとの時間。

一緒に笑ったり泣いたり、ご飯食べたり、お喋りしたり、
何気ない日々をこれからも大切にして行きたいです。

では!みなさま37歳のマッキーをよろしくお願いします。(^o^)丿



(先日マドギワ部で1月生まれのほっしーとマッキーのお誕生日会をしてくれました。
ひろこちゃんお手製のバースデーケーキ♪)
a0115202_21455384.jpg

[PR]
by makky0128 | 2013-01-28 21:49 | 日常

あじゃりんとなきちゃんの結婚パーティー

a0115202_15291912.jpg


1/27

昨日は、写真仲間の結婚式のパーティーに行ってきました。
お二人は写真教室で出会い、お付き合いして結婚に至りました。

以前、新郎のあじゃりんが話してくれた事がありました。
新婦のなきちゃんのことを、
「クラスの撮影会の時に可愛い子だなぁ~」って思ったと。

前に、ちょっとデレデレしながら話してくれた事がありました。
その時の嬉しそうな表情がとても幸せそうで良いなと思いました。ほっこり(*^。^*)

二人はいつも一緒で本当に仲の良いカップルだなぁ~と思っていたので、
めでたくご夫婦になれたこと本当に良かったなと思っています。

そして、昨日一番感動したことは、
パーティーの最後に新郎あじゃりんが、「なきを幸せにします!」とみんなの前で宣言したこと。
すごく男気があってかっこいいと思いました!
きちんと言葉にして伝えるって素晴らしいですね。

本当に素敵な結婚パーティーでした。
あじゃりん、なきちゃん末永くお幸せにね。
[PR]
by makky0128 | 2013-01-27 15:31 | 日常

武藤さんが作ったカメラの本

a0115202_154160.jpg



1/27

写真家、武藤裕也さんが作ったカメラの本、
「EOS Kiss X6i X5 撮り方ハンディブック」が今月末に発売されます。
先日見本誌が家に届きました。
今回私はモデルとして本に登場させてもらっています。


モデル撮影時の様子をちょっと振り返ってみようと思います。
昨年の11月中旬の平日、やこちゃんと一緒にモデル撮影に行ってきました。
a0115202_1553415.jpg



やこちゃんとはお互いに撮り合ってモデルをやっているのですが、
写真家さんに撮ってもらうのは初めてなので、最初はちょっと緊張したけど、
だんだん慣れてきて楽しくなってきました。


武藤さんからポーズの指示が出るので一所懸命やってみます。
私はカメラのレンズを左目で見るのですが、
カメラの構え方ポーズの時はそれではおかしいので右目で見るように指示が出るのですが、
いつもと違うからなんか変。瞑った左目に変に力が入って怖い顔になりました(笑)
a0115202_1545286.jpg



この日は本当にお天気が良くて、撮影には好条件でした。
木漏れ日や、川縁で撮ったり、シャボン玉飛ばしたり、くるくる回って撮ったりしてとても楽しかったです。


昨年の11月辺りは体調も精神的にも少し落ちていて、自分の存在価値もよく分からなくなっていて・・・
なので、モデル務まるかなぁ~って思っていたのですが、
やってみたら楽しかったし、こうして人のお役に立てることができたので嬉しかったです。


撮ってもらった写真には、眩しい光りに包まれてキラキラしている自分がいて、
「あー私はここにいて良いんだ」と大げさかもしれないけど、そう思えました。

(私が撮ったやこちゃん。かわいい♪)
a0115202_1565921.jpg



一般人が本に載るってなかなかない経験なので、良い経験をさせてもらいました。
武藤さんありがとうございました。


この本には、写真仲間の作例もたくさん載っています。
それが本当に素敵な作品ばかりです!
私が撮った写真も一枚使ってもらえました。
13ページ「下から上から自由自在」に載っている、
水面に桜の花びらが散っている写真です。


武藤さんが一生懸命作った本、
ぜひ本屋さんで手にとって見てみてください!
[PR]
by makky0128 | 2013-01-27 15:11 | おしらせ

ハッピーバースデー あっきー

a0115202_2282957.jpg

ゆるふわパーマをかけたあっきー♪



1/25

2007年1月にファットフォト写真教室に入りました。

一回目の授業後の懇親会の時に、今月誕生日の人の話になって、
あっきーが「はい!」って言ったかな?それで私も「1月です!」って言ったら、
私たち二人に綺麗な色のドリンクをクラスメイトのみんながプレゼントしてくれました。

あっきーと話してみると、なんと誕生日が3日違いで横浜在住で同い年!
テンションあがって急速に仲良くなったことを覚えています。

2回目の授業では、自分のカメラを持って行くことになっていて、
ほとんどの人は、デジタル一眼レフを持ってきていたのに、
私とあっきーはコンパクトフィルムカメラでした。

二人ともカメラに関して右も左もわかりませんでした。
宿題が出ると、二人で撮影に行き「露出って何?絞りって?」
頭の中???だらけで、二人でうーうーうなりながら宿題を撮っていました。

今年で出会ってから6年目。
年数を数えたらもうこんなに経っていたんだとビックリです。

あの時出会えてよかった。

あっきーこれからもよろしくね!
お誕生日おめでとう(^o^)丿
[PR]
by makky0128 | 2013-01-25 00:00 | 日常

マドギワギャラリー閉館しました。

**マドギワギャラリーに展示した作品**

1/14-16
「あなたへ」
a0115202_2137298.jpg



1/17-20
「あなたにほほえむ」
a0115202_21381121.jpg



1/21

昨日1/20をもってマドギワギャラリーは閉館しました。

ほっしーの夢に賛同した仲間が集まり、2012年6月から活動を開始しました。
毎週火曜日にほっしーの家に集まり料理を作ってみんなで食事をしながら、企画を話し合っていました。

旗を作ろうと言うことになり、みんなで旗を作ったのも楽しかったです。
旗揚げの時に、ほっしーの家のベランダに旗を立てようとした瞬間雨が降ってきて、
遠くの方では雷も鳴っていて、さすがほっしー雨男!こんな時までも!というハプニングも起きて、
それは今でも笑える素敵な思い出です。

ほっしーの家に入る時は、みんな「ただいまぁ~」と言って部屋に上がります。
そのくらい家族のような濃い時間を過ごせたと思っています。
たまに、飛び入りゲストも参加して色んな人と交流ができて、本当にワイワイ楽しいマドギワ部でした。

夢って、一人だと叶えにくいこともあるけれど、
みんな一緒だと叶えられるんだと思いました。

今回は事情があってマドギワギャラリーは閉館となりましたが、
ほっしーの夢や野望は、他の形できっと実現すると思います。
その時はまたお手伝いができれば、ぜひしたいと思っています。

マドギワギャラリーに作品を展示してくださった作家のみなさま、
周りで応援してくれていたみなさま、
そして、ほっしー、マドギワ部のみんな、
約半年間だったけど、楽しい時間を本当にありがとうございました。
過ごしてきたこの時間は大切な宝物になりました。


最後に・・・

電車の中からマドギワギャラリーを見つけた時の興奮は今でも覚えています。
電車の中で過ごす時間が少し楽しかったです。
ほっしーは、人々を笑顔にさせる力を持っています。
ほっしーこれからもがんばってね♪
a0115202_235521.jpg

[PR]
by makky0128 | 2013-01-21 22:03 | 日常

ヨコハマフォトフェスティバルを観てきました。

a0115202_121330.jpg


1/20

今日は、赤レンガでヨコハマフォトフェスティバルを観てきました。


いくつかブースがあったのですが、「東川町国際写真フェスティバル」で
グランプリ、準グランプリを受賞された3名の作品は、想うことが色々ありました。
とくにグランプリを撮った小林透さんの作品は、自分の中で色んなことを考えました。


まずは、ステートメントを読まずに全体的に作品に目を通しました。
モノクロで撮られた青年の写真が何枚も展示してあって、
なんで裸なんだろう?そして似たようなカットが何枚もあるんだろう?と。
まだ読み切れずにいましたが、ステートメントに目を通すと・・・


「僕の弟は自閉症です」と弟さんについて兄としての熱い想いが書かれていました。
その文章を読んだ後もう一度壁に展示されている写真を観ると、
さっきと違う見方で観ることができました。
言葉の持つ力はすごいと思いました。
作家の想いと作品(被写体)に近付けたような気がしました。


壁に展示して誰かに観てもらう写真は、自分の想いを伝えなければいけないと思います。
というか、伝えたい想いがあるから展示会場で作品を展示しているんだと思います。


作家は伝える力、観る側は読みとる力が必要になると思います。
ですが、一枚または複数の写真から作家の本当の想いは読み切れないと思うので、
作家が居ればその場で想いを聞いてみる、居なければステートメントをしっかり読んで、
「言葉」から作品の想いをきちんと受け取ることが大切だと思いました。


他のブースでは、ウォールフォトレビューという、壁に展示した作品を、
何名かのレビュアーが作家と自由に話し合うという企画が行われていました。
このレビューは一般の人も聞くことができます。
そこで、思ったことは・・・


まず、作家は自分の想いをレビュアーに話します。
レビュアーは、いろんな意見を言いますが、だいたいダメ出しです。
あーした方が良い、これはいらないんじゃないか、
どんな想いで撮ったの?面白くない、何が言いたいのか分からない、
まとまってない、伝わってこない、など・・・
a0115202_13882.jpg



ここで、何を言われても自分の伝えたいことをきちんと言える作家は素晴らしいと思いますが、
今日聞いていた中では、きちんと伝えきれてない作家が多かったこと。
以前ヨコハマフォトフェスティバルでも同じことを感じて、
こういう場に出てこれる(審査があります)人たちなんだから、
もっと言葉でも表現できたら良いなと。。。


ですが、今回は100%伝えきれなくても良いんじゃないかと思いました。
100%伝えることができれば完璧だけれども、
作家がいて、作品があって、レビュアーがいて、
そこであれこれディスカッションして、作品についてお互い悩んだり考えたりする時間と空間がある、
ただそれだけでも十分何かを得ているから良いんじゃないかと。


あともう一つ、ワンコインフォトブックレビューというのがあって、
500円のチケット一枚で、5分間のレビューを受けられるという企画がありました。
友達は壁のレビューも参加していましたが、ワンコインも受けていて、
一生懸命レビュアーに自分の想いを伝えていました。
自分の作品について、きちんと相手に伝えられることはすごいと思いました。


なんだか、うまくまとめられませんが、
今日一番思ったことは、写真を撮っているならば、
誰かに作品を観てもらい意見を言ってもらうことはとても大切だと思いました。


良い言葉をいただける時もあるだろうし、またはダメ出しの言葉なのかもしれないけど、
自分の想いを誰かと共有して、あーでもないこーでもないと考える時間は、
今後の成長に繋がるので必要なことだと思いました。


ただ、撮るだけじゃなくて、きちんとまとめて、それを言葉にして、
展示して、たくさんの人に観ていただいて、意見をいただいて、
お互いに共有し合う。
そこまでやって、作品なんだと思いました。


今回ヨコハマフォトフェスティバルを観に行って、
本当に思うこと感じることがたくさんありました。
他にも色々想うこと感じたことはありますが・・・
熱く書きすぎたので今日はこの辺で・・・

しかし、思っていることを言葉にするって難しいですね(^_^;)
a0115202_14535.jpg

[PR]
by makky0128 | 2013-01-21 01:08 | 日常

江ノ電の旅


海が見える

電車に乗って・・・


a0115202_22164076.jpg



美味しい物食べたいね!

かわいい雑貨屋も見たいね・・・

最近どう?

恋とか・・・


a0115202_22165754.jpg


風は冷たいけど

日向は暖かい そんな日・・・

よく笑ったし

よく泣いた

全て眩しい思い出・・・

a0115202_22171141.jpg

[PR]
by makky0128 | 2013-01-17 22:33 | 日常

ラスト!マドギワギャラリー!

a0115202_23235631.jpg

模造紙に夢やその日話し合ったことをまとめて書いていました。懐かしい。


1/14
本日より一週間、マドギワギャラリーで私の写真が展示されます。
去年の6月から活動をしていましたが、この一週間でマドギワギャラリーは終了します。
ラスト!マドギワギャラリーです。


1/14-16
作品タイトル1、「あなたへ」

1/17-20
作品タイトル2、「あなたにほほえむ」

一週間で2枚の作品を展示します。

*場所
東急東横線の横浜から渋谷方面へ向かう途中の、
目黒駅手前で(進行方向左側)マドギワギャラリーはあります。
祐天寺駅を過ぎたらちょっとそわそわしてみてください。

電車からなので一瞬ですが、ぜひ窓に展示してある作品を見つけてみてください。
見つけることができたら感想いただけると嬉しいです。
それでは、ラスト!マドギワギャラリー!をお楽しみください。


・・・「お願い」・・・
このおしらせを告知していただける場合は、
フェイスブックと各個人のブログのみで公開をお願いします。
ツイッターでの公開はマドギワギャラリーの諸事情により禁止となっております。
申し訳ありませんがよろしくお願いします。
[PR]
by makky0128 | 2013-01-14 23:39 | おしらせ

Photo+Nicoのイベントに参加してきました

a0115202_16254455.jpg



1/14

先日、Photo+Nicoの撮影会と説明会と懇親会に参加してきました。
Photo+Nicoとは、2013年6月に開催予定の、
オークション形式の写真展示販売のイベントになります。


自分の作品に値段が付くことを体験して、
買うとはどいうことかを意識する。
ということが目的になっています。


まず、主催者の写真家武藤裕也さんからフォトニコの説明を聞きました。
フォトニコの趣旨、ご自身の想いなど。
それから、懇親会の席で、自己紹介をする場がありました。
写真に対する想いや、フォトニコに対する想いなど、
みなさん人それぞれ色んな気持ちや想いを持っていて、
素敵な感性や個性に溢れていて素晴らしい人たちばかりだと思いました。


この日集まったみなさんが参加するかは分かりませんが、
何かのご縁があって集まった素晴らしい人たちの中に私も混ざって、
一つのモノを一緒に創り上げられたら良いなと思ったので、
私はフォトニコのイベントに参加することを決めました。


写真に値段が付くかどうかは分かりませんし、
それだけの写真が撮れるかどうかも分かりませんが、
イベントが開催されるまでの過程をあれこれ考え悩んで楽しんでいければ良いなと思います。


アップした写真は、撮影会で行った世界貿易センタービルから撮った夕景です。
この場所は初めて行ったのですが、部屋の中も綺麗だしここから見る景色もとても綺麗でした。


カメラを持っていると今まで見たことがなかった景色を見ることができます。
今まで感じたことがなかった何かを感じることができます。
今まで知らなかった新しい自分にも出会えます。
そして今まで会ったことがなかった人たちに出会えます。


これは、一人では出会えていない感情だと思います。
カメラや人との出会いにより、新しい世界が始まります。
フォトニコに参加されるみなさんと、
今まで見たことがなかった世界を体験できたら良いなと思います。



Photo+Nico のホームページ

Photo+Nico のFacebook
[PR]
by makky0128 | 2013-01-14 16:33 | 日常

雪の日

a0115202_14354630.jpg


a0115202_1436132.jpg


a0115202_14361679.jpg


a0115202_14363335.jpg


a0115202_14364491.jpg



1/14
朝起きて窓の外を見たら雪。
嬉しくて屋上に出て写真を撮りました。
外は寒いので今日はお家でゆっくりします。
いつまで降るんだろう。
外出中のみなさま、足元にはご注意ください。
[PR]
by makky0128 | 2013-01-14 14:38 | 日常