マッキーの写真と言葉たち

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

初めての軽井沢

a0115202_23443180.jpg


10/19

先日、かおちゃんの結婚式で初めて軽井沢へ行きました。
一日目も二日目も天気が良くて風が気持ち良かったです。
風が気持ち良いって初めて感じたかも。
自然の中にいると余計な事も悩みも考えなくて済むので、心身ともに癒されました。
初めて行った軽井沢は本当に楽しかったです。
また行きたいです。





ハルニレテラスから見えた川。
a0115202_2344406.jpg



ホテルの近くで見たすすき。
a0115202_2344498.jpg



ホテルの敷地内に落ちていたどんぐり。
a0115202_042517.jpg



塩沢湖タリアセン園内。
a0115202_23445866.jpg



自然と一体のあっきー。
a0115202_234595.jpg



綺麗なお花。
a0115202_23451775.jpg



塩沢湖。
a0115202_2345279.jpg



水面キラキラ。
a0115202_23453417.jpg



紅葉した落ち葉。
a0115202_23454229.jpg

[PR]
by makky0128 | 2013-10-20 00:06 | 旅行

ひでくんとかおちゃんの結婚式

a0115202_21261886.jpg




10/15

先日、友人の結婚式に軽井沢まで行ってきました。
新婦とは写真教室で知り合ったので6年くらいの付き合いになります。
同じクラスだったので一緒に撮影へ行ったり、写真展を開催したり、ご飯食べたり、
ライブへ行ったり旅行へ行ったりと、写真教室の枠を超えてとても仲良くなりました。

お天気が心配だったけど見事晴れてキラキラ眩しい新婦かおちゃん。
a0115202_21264741.jpg



新郎ひでくんとは、2011年に参加したAOZORA写真展の懇親会で出会いました。
この出会いから写真仲間みんなで遊ぶようになり仲良くなりました。
お料理男子のひでくんが作る豚の角煮が美味しくて、よくみんなで持ち寄りパーティーをしていました。

a0115202_21272061.jpg

a0115202_21275286.jpg



披露宴会場はアットホームな可愛らしいお部屋でした。
披露宴のコンセプトは二人が出会ったきっかけでもある「写真」だそうで、
二人の作品が展示してあったり映像で作品が流れていたりと、とても素敵な空間に仕上がっていました。
a0115202_21282138.jpg

a0115202_21284470.jpg



お料理は全部美味しくて、食べたことのないお料理たくさんいただきました(^^)
a0115202_2129177.jpg



ひでくんの言葉で印象的だったのが、
遠い軽井沢で式を挙げた理由はみなさんに日常ではなく非日常な時間を過ごしていただきたかったと。
それと、披露宴では演出もお料理もみなんさにほんとうに楽しんでいただきたいと。
ひでくんのゲストへのおもてなしの心がとても伝わってきました。
a0115202_21312257.jpg



今回参列させていただいて思ったことは、よく世間一般で言われることですが、
やはり結婚は二人だけのものではなく家と家だと思いました。
ご家族、親戚、友人のみなさんが温かくて素敵な人ばかりなので、
二人は周りの温かい愛情の中でたくさんたくさん幸せになって行くんだろうと思いました。

ひでくん、かおちゃん結婚おめでとう!末永くお幸せに~☆
a0115202_21321987.jpg

[PR]
by makky0128 | 2013-10-15 21:41 | 日常

特別な一枚

a0115202_16424247.jpg





10/14

前回のお話の続きです。
美容院の後、地元の公園では撮影ができないので、もう一つ思い出のある山下公園と大桟橋へ行きました。

4×5インチの大判サイズのカメラで、写真家の武藤裕也さんに撮影していただきました。
こんなカメラです。大きい!!!
a0115202_16363254.jpg


構図やピント合わせは武藤さんが設定して、
シャッターは自分のタイミングでレリーズのシャッター持って切ります。
シャッターを切るとフィルムが出てきます。
フィルムをめくってしばらく時間を置くと像が出てきます。
フィルムをめくる瞬間はドキドキワクワクします♪
a0115202_16365799.jpg


自分でシャッターを切れる楽しさ、その場でフィルムをめくる楽しさ、すぐ写真を見れる嬉しさなど、
このカメラはたくさんのワクワクをくれます。
面白くて楽しい体験をさせていただきました。
a0115202_16372748.jpg



写真って、撮る手段はデジタルでもフィルムでもなんでも良いけど、
手元に形として残すのが一番良いと思います。
目の前にあるモノやコトを写真に撮ると、楽しい思い出もその時の自分の感情も全て写っています。
私たちの記憶は意外と曖昧で薄れがちです。
いつか、何十年後かに写真を見返した時、きっとその想いは鮮明に蘇ると思います。


こちらが写真家の武藤裕也さん。
可能な限り大きなカメラを担いで依頼者のとこへ写真を撮りに行ってくれるそうです。
特別な一枚を残したい方は武藤さんのHPへアクセスしてみてください。
a0115202_1637461.jpg

[PR]
by makky0128 | 2013-10-14 16:50 | 日常

目の前にあるもの

a0115202_1517226.jpg



10/14

先日、実家の近くにある美容院へ行く途中衝撃的なことがありました。
昔よく遊んでいた公園が全面的に工事をしていて、
ブランコもジャングルジムもさんかくのお家も全部取り払われていて何も無かったのです。

公園なんてそうそう取り壊されることなんてないし、
いつでもずっとあるものだと思っていたのでとても驚きました。

よく覚えているのは、幼い頃近所のおじいさんが公園に連れて行ってくれました。
「もう暗くなったから帰るよ」と言われても「やだー!」って言って星が見えるまでブランコを漕いでいました。
なんだかショベルカーで土と一緒に思い出もガリガリ掘られた感じがしました(>_<)

目の前にある見えるものすべては、ずっとあるとは限らないんですね。
モノもコトもヒトも。
当たり前と言えば当たり前だけど、、、、
本当はこの日、髪を切った後に思い出がたっぷり詰まった公園で写真を撮ってもらう予定だったので、かなりショックでした。

公園は無くなったけど、大切な思い出は記憶にあるので、きちんと心にしまっておこうと思います。
[PR]
by makky0128 | 2013-10-14 15:29 | 日常

心地よい居場所

a0115202_1584038.jpg


10/14

前回の暗室で最後だと思ったのですが、焼き足らなくて9月の最後の土曜日に行ってきました。
この日が小山さんに焼きを見てもらうのが本当に最後の日でした。

この日は小湊鉄道の続きで六つ切り6カットを焼きました。
日差しが強くてコントラストが強く出る写真があったので、フィルターを入れるように指示を受けました。
NO.1.5のフィルターを入れたら本当に全体的に柔らかく優しい感じで焼けたので驚きました。
フィルターってすごい!

それと、水曜写真部のみんなにあげる宝物写真をキャビネで焼きました。
六つ切りの方は光沢で、キャビネは半光沢で焼いたのですが、やっぱり色の出方や見え方が全然違います。
半光沢だと柔らかい感じがしました。

みんなに手焼き写真をプレゼントしたらとても喜んでくれたので私も嬉しかったです。
こういう時写真をやっていて良かったなと思います。


3年ぶりに行った暗室は本当に楽しくて時間があっという間でした。
ダークルームのみなさんとお喋りする時間も楽しくて、
私にとってダークルームは写真教室とは別のもう一つの心地よい居場所です。

焼きたい写真はほとんど焼けたので、暗室はしばらくお休みします。
また焼きたい写真があったらふらっと暗室へ行こうと思います(^^)
[PR]
by makky0128 | 2013-10-14 15:15 | 暗室